Welcome!

はい、本番入りま~す / Prevenido, y... Acción!!

1年以上

 さて、今日は何を書こうか。

 メキシコも世界の例外ではなく、地震、余震が多発している今日この頃。
皆さんいかがお過ごしでしょうか、TakaBrownです。

 4月2日は新番組「El Albergue」、コメディー・ドラマに参加してきた。

 主人公がインター・ネットで語学学習する回への出演。
先生は皆ネイティブ・スピーカーという触れ込みの英会話オン・ライン・レッスンの画面に登場するのが日本人先生の私、というのがオチ。

 なんだかなぁ・・・

 撮影自体は楽しかったけど、可もなく不可もなくって感じ。

 ところで話は冒頭の地震の話に戻りますけど・・・

 メキシコも最近よく揺れてる。

 我々日本人は他の外国人に比べれば地震慣れしてる。
しかし、日本のそれが上下の揺れなのに対し、メキシコのは回転型。
これにはメキシコ生活15年を迎えた今でもまだ慣れない。

 ジェットコースターから降りた直後の感覚がその日一日続く感じ。
気持ち悪いんだこれが。

 酔う。

 メキシコで地震の度に話題に上るのが85年のメキシコ大地震。
私自身も当時の”ニュース・ステーション”で久米宏氏が「メキシコ・シティーが都市機能を完全に回復するには50年はかかるでしょう」なんてコメントしてたのをよく覚えている。

 メキシコは翌年、86年に”FIFA ワールドカップ”開催を控えており各国から大会運営を危ぶむ声が届き、当然開催地も返上かと思われた。

 まぁー当然だわな。

 この大会は当初コロンビア開催が決定していたものの、財政破綻で不可能となり名乗りを上げたのがメキシコ。
そんな経緯もあって、これ以上開催地を変えられないFIFA、2大会目のチャンスを逃したくないメキシコ。

 そして、メキシコは地震発生から約9ヶ月という短い期間を経てまんまと大会運営をやってのけるのである。
しかも、メキシコ代表は堂々のベスト8入り。

 都市復旧作業もそっちのけで、予算もパワーも全て注ぎ込んだだけのことはあった。
恐るべし火事場の底力。

 これがもし日本だったら・・・
先の東北大震災規模の地震が2001年に起こっていたら、翌年はたして日本はワールドカップを自国開催しただろうか。
仮に復旧作業が完了していたとしても、開催はおろか代表チームの参加も辞退していたんじゃなかろうか。

 そう考えると震災直後にとったメキシコの行動がとてつもない偉業に思えてならないわけで・・・。

 なんか話が本題とは随分ずれたな。
まぁいいか、たまには。

 あ、そうそう最後に皆さんに聞きたかったこと。
防災頭巾って知ってますよね?
我々が小学生時代には、普段は座布団として椅子にひいて使い、避難訓練の時には広げて頭から被ってたあれです。
先日若い世代と話してたら知らない奴もいるみたいで。

 今思えば画期的な品物だったけど、小学校卒業してからお目にかかることもなかったし、他の国であんなもん見たことないなーと思って。
今度帰国したら買ってこようかな・・・。

 さて、次の地震・・・じゃなかった、撮影はどうなることやら。

 本日の撮影、午後6時集合、午後8時終了。

 ご苦労さん、自分。

 

 

1年以上

 さて、今日は何を書こうか。

 2012年も早や4月を迎え日々の日差しが益々強くなるメキシコ・シティー、皆さんいかがお過ごしでしょうか。TakaBrownです。

 3月29日、アメリカのプロ・バスケット・リーグ、NBAのコマーシャル撮影に参加してきました。
これといって特別報告することはないんですが、アメリカ在住のTakaBrownファンの方々(いるのか??)スポーツ・チャンネルで「それっぽいCMを見た」という方、ご一報ください。

 とりあえず報告まで。

 

 

 さて、次の撮影はどうなることやら。

 本日の撮影、午前6時30分集合、午後8時30分終了。

 ご苦労さん、自分。

 

1年以上

Hecho_en_china_galleta

↑映画祭で配られた主人公別のお菓子。因みに上段の右端が私。 

 

 さて、今日は何を書こうか。

 季節はめっきり春めいてきたメキシコ・シティー、我が家の蛇口からは水が・・・ 出ない。
(断水、貯水タンクの故障、両方だと思われる。もちろん事前のお知らせなんてまるでなし。)

 みなさん、お久しぶりです。
いかがお過ごしでしょうか、TakaBrownです。

 突然ですが、日本在住の映画ファンの皆さんに質問。
日本の映画館でメキシコ映画って見たことあります?
どれぐらい日本でメキシコ映画が認知され、上映されているのか、ちょっと気になったもんで・・・

「こんなの見たことあります」とか「今こんなの上映されてます」とか、情報をお知らせいただけると幸いです。

 「グアダラハラ国際映画祭」、今年は私の出演作が2本上映になるとのことで、久しぶりに行ってきました。
今回のトーク・ライブのスペシャル・ゲストはなんと”アンディー・ガルシア”!
すごいよね。

 ちなみに現在ベラクスルス州で行われている文化イベントの「クンブレ・タヒン」でのライブ・ゲストは”ビョーク”と”シネイド・オコナー”

 メキシコって意外とメジャーなビッグ・アーティストが毎年来るんだよね。
しかも、日本じゃ考えられないぐらいの安い値段でライブとかやってる。

 みなさん、メキシコに来て観光所巡りに飽きた時はこういったライブ・チェックもしてみるといいかも。
意外なお気に入りアーティストが安く見られる可能性は大。

 

 話はそれましたが、「グアダラハラ国際映画祭」もラテン・アメリカ最大の映画祭。
年々スケール・アップして頑張ってます。

 まず、出演作一本目は「Sangre de familia」(血縁)。
この映画の撮影の様子をここでお知らせしたのが約3年前。
「Asesinato en una lavanderia china」という長ったらしい題名が改題され、やっと日の目を見ることになったようです。

 3年かかっても公開されただけマシか・・・

Hecho_en_china_poster_2


 そして、二本目は「Hecho en China」(メイド・イン・チャイナ)。
こちらは一本目とはうって変わって早期のお披露目。
昨年モンテレイでの撮影が終了してから4か月という異例の早さ。
と、言っても今回は特別招待枠での上映だったので、一般劇場公開にはまだもう少し時間がかかるけど年内には公開されるでしょう。たぶん。(絶対とは言い切れないのが、情けないけどメキシコ)

 どちらの作品とも中国人の役です。
でも、中国語は一言も喋ってません。
一本目にいたっては台詞なし。

 でも、こういう需要が多いんなら中国語、勉強しようかな・・・

 一般公開まで待てない、もしくは、そんなもん映画館で見るほど興味ないって人、コマーシャルでも見てお茶を濁してください。

「Sangre de familia」

「Hecho en China」

 さて、次の映画祭はどうなることやら。

 ご苦労さん、自分。

 

 

1年以上

 さて、今日は何を書こうか。

 

 撮影は去年のものですが最近YouTubeで発見したので紹介しておきます。

 でもほんとにくだらないんで、我慢してみてください。

 

 ・・・私の台詞だけ字幕入れられるこの屈辱。

 外国人のスペイン語に寛大なメキシコとは大違い。

 アメリカ人のバカ!

メキシコ生活情報

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

1年以上

 さて、今日は何を書こうか。

 大好きなローワン・アトキンソン(Mr. Bean)主演の「ジョニー・イングリッシュ」最新作公開を今週末に控えた今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。TakaBrownです。

 モンテレイ撮影も第四日目、これまでこの映画のタイトル「Hecho en China」には触れてきませんでしたが、”Made in China”のスペイン語です。
このタイトル、なぜか言うとみんなに笑われます。

 この映画が中国製だと思われて笑われてるんでしょうか。
まぁ、映画のタイトルとしてはインパクト強いわな。

 まだ撮影中の映画なので具体的に何がメイド・イン・チャイナなのかには触れませんが・・・。

 この日の午前中はもう一人の主演ビクトル君を脅し、殴り倒すシーンを無事撮り終え、と言いたいところ・・・ 

 気をつけてはいたんですが、勢い余ってパンチが一発後頭部に入ってしまいました。

 ごめん、ビクトル君!!

 

 ところで、一昔前までは「物価は高いが治安はいい」ということで知られていたモンテレイ。

 それが数年前から状況が一変、麻薬組織同士の抗争に巻き込まれ、メキシコの中でも今最も危険な地域の一つに数えられるようになってしまった。

 それに加え昨年の台風で街の中心を流れる川が氾濫、大洪水。
河川敷に賑わっていたショッピング・モール、スポーツ、レジャー施設は崩壊。
その復旧作業はあまり進まず、河川沿いには工事中の道路も未だに多い。
「物騒で危険」の汚名を拭い去るにはまだまだ時間がかかりそう。

 そんな状況も手伝ってか映画のロケ地として使われるのも約3年ぶりだそう。

 あまり良い噂を聞かない地域だけに多少不安があったのも確か。

 しかし、撮影が始まってみるとその地域の警察の協力がシティーとは比べ物にならないほど良いのに驚いた。

 そういえば”警察官募集”のデカイ看板が街のいたるところに貼ってあったな。
麻薬組織とも戦ってるし「警察も色々頑張ってますよ」ってアピールに必死なんだろうな・・・。

 撮影許可証を取得しているにもかかわらず、賄賂徴収目当ての警官を乗せたパトカーがどこからともなく集まってくるのがメキシコ・シティー。

 彼らのおかげで撮影が中断し、何時間も待たされる経験を何度も(ほぼ毎回)しているので、本物の地元警察が私扮する”ヤン・リー”が逮捕、連行されるシーンに協力、出演までしてくれると聞いてまたまたビックリ!

 しかも1人や2人の警官じゃありませんよ、奥さん。
パトカー3台、装甲車1台、完全武装の警官が約15名、各自長距離ライフル装備。

 たかがチンピラ一人捕まえるのに大袈裟すぎないか??
と思うも時すでに遅し。

 「アクション!」の掛け声と同時に彼らの銃口が一斉にヤン・リー(私)に向けられる。

 映画のワン・シーンとは分かっていてもこれはビビリますよ。
なにしろ彼らの武器は本物ですから。

 乗せられるパトカーももちろん本物。
もちろん人生初体験。(いや、ほんとに)

 これも映画とは分かっていても心地のいいもんじゃない。

 実生活では経験したくねーな。

 そして、これが私の最後の出演シーンで翌日はまたシティーへ。

 新たな映画への参加が決まる度に出演時間、台詞も増え、嬉しい傾向です。
結果的に今までの出演作の中で一番出演シーンも台詞も多かったと思います。

 次の出演もそうなることを祈りつつ・・・ 終~了~!

 あとは無事劇場公開されることを願うのみ。
これがメキシコの厄介な問題なんですが・・・ 
その話はまた別の機会に。

 さて、次回の撮影はどうなることやら。

 ご苦労さん、自分。

 

メキシコ生活情報

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

はい、本番入りま~す / Prevenido, y... Acción!!

作者:Taka Brown

はい、本番入りま~す / Prevenido, y... Acción!!

Taka Brownのメキシコ撮影現場見聞録。

全く生活の役には立ちません。
売れない俳優の独り言を盗み聞きしたい方、お立ち寄り下さい。

7日 22 総合 4211 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Taka Brownさん新着記事



過去記事

Taka Brownさんへの新着コメント




メキシコブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 さる♪オアハカ日記
2位 はい、本番入りま~す / Prevenido, y... Acción!!
3位 メキシコからこんにちは!
4位 日墨協会便り
5位 ペリカンメキシコ現地発ブログ
6位 メキシコから
7位 ペリカン メキシコ&中米 さんの旅行記
8位 メキシコにおける新型インフルエンザの真相にふれる


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?メキシコでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録